新潟古本屋日記

新潟市の古本屋、フィッシュ・オンのブログです。
古本屋をはじめてはやいものでもう10年。色々と移転しながら現在は沼垂テラス商店街で営業中です。ブログでは入荷した古本、おすすめ本、イベント出店の情報など更新しています。
<< 今日は沼垂テラス夜市です。2冊目、41(よいち)%OFFセールやります。 | main | ベン・シャーン展を観に >>
次号つぶて(西脇順三郎特集)のためのおぼえがき vol.1
0

    今月の中旬に、古本もやいから発行しているフリーペーパー「つぶて」編集人の堤さんからテキスト制作の依頼あり。

    次号特集、西脇順三郎についてのテキストについて。

    みずから希望した特集のくせに、若干おののく。

    去年くらいから枕元に『西脇順三郎全集』をつんで、折にふれ開いてみるのだが読んでいるといつも意識が遠のくのだ。

    色々調べてみると、「西脇詩は難解であり、深い教養に象られた崇高な詩である」という評価が一部であるようだ。

    ふむふむ眠くなるのは自分だけでなかったようだ。

    しかし、こんな状態で一体なにを書いていいのやら。

    考えたあげく思いついた。

    西脇詩の初心者(古本屋としてこんなことをいうのは憚られるが)であることを逆手にとってみたらどうだろう。

    初心者がどんなアプローチをしたら、難解といわれる西脇詩を味わえるようになれるか(予定)の過程をテキストにまとめたら面白いんじゃないだろうか。「初心者のための〜」シリーズみたいなね。

    ブログではその過程の過程、つまり悪戦苦闘ぶりを「おぼえがき」として記していこうと思う。

    先行き不安しかないわ。

     

     

     

     

     

     

     

     

    | おぼえがき | 17:17 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE