新潟古本屋日記

新潟市の古本屋、フィッシュ・オンのブログです。
古本屋をはじめてはやいものでもう10年。色々と移転しながら現在は沼垂テラス商店街で営業中です。ブログでは入荷した古本、おすすめ本、読書会、イベント出店の情報など更新しています。
<< 本日、17時半よりヒッコリー2階にて「ニイガタ・ニューウェーブ・ブックストア展」トークセッションやります! | main | 『ニイガタ・ニューウェーブ・ブックストア』フェア、最後の補充は旅本。 >>
ニイガタ・ニューウェーブ・ブックストア、トークセッション無事終了。フェアはつづきます。
0

    本日は5時半からのトークセッションの準備のためいつもより早めに店じまい。

    5時前に会場であるヒッコリー2階へ。

    今日は特別に1時からブックバーをオープンしてもらっているBar Book Boxさんにご挨拶。

    本日の様子を伺うと前日の新潟日報の効果か、わりとおじさま・おばさまのご来場者が多めとのこと。

    Bar Book Boxさんの常連さんや、トークセッション前の来場者の方などちょっと賑やかな中テーブルを動かしたり椅子を準備したりして会場を整えました。

    5時半前にトークセッション相手のf3小倉さん、もやい石田さんも揃い時間通りにトークセッションスタート。

    お題は「日本と新潟のニューウェーブ・ブックストアの10年」。

    今日のために急きょ用意した「日本と新潟のニューウェーブ・ブックストアの10年」年表を軸に話をすすめました。

    開始から少し遅れて文旦さんも登場。

     

     

     

    「ニューウェーブ・ブックストアは何ぞや?」からはじまり、本屋を志した理由やお店の成り立ち・店名の由来、影響をうけたお店など、各人各様の本屋観を披露。

    ちょっと煮詰まりかけたときはBar Book Boxさんにいい感じにチャチャを入れてもらい、終始いい流れで進行。

     

    また、トークセッションにあたっては4人とも事前の打ち合わせをほとんどしない状態でのぞんだので、

    お互いこの場ではじめて聞く話も多く、いい具合にライブ感もだせたのかなと思います。

     

    始まるまえは何人来場者の方に来てもらえるのか心配してましたが、ありがたいことに狭い会場でしたがほぼ満員の入りでした。

    サクラとして家族を召還していましたがまったくの杞憂におわりました。

    ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。

    トークセッションは終了しましたが「ニイガタ・ニューウェーブ・ブックストア」フェアはあと一週間続きます。

    最後のラストスパートにむけて商品の入れ替えもしていきますのでご来場おまちしております。

     

     

    | イベント | 22:48 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする